--/--/--(--) --:--:-- [スポンサー広告]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007/03/08(木) 19:19:52 [住宅]

数年前に、ある住宅のリフォームの仕事をしました。

大型犬と暮すお宅です。

リフォーム前、フローリングの床材は、2頭の犬の爪で表面材がはげてしまっていました。

床は、無垢のフローリング材を使用しました。傷はついても、はげる事はありません。

フローリングを使う場合、特に犬の爪が気になる大型犬では、犬仕様として、無垢板がお勧めです。

抜け毛が多い犬種で、その抜け毛を見る度に掃除をしないといけないと憂鬱になる、という事で、無塗装の無垢板に染色をして、抜け毛が目立たないようにしました。

犬が入る部屋は、少しでも滑りにくいように、クリヤをかけないことにしました。

目地はホコリがたまるという事で、敬遠されることが多いのですが、滑り止めとしての働きがあります。v目地にしました。

汚れにたいしては、住む方が、掃除というメンテナンスで解決する必要があります。

数年の後、犬が年をとり、足腰が弱り滑りやすくなったので、カーペットを敷くことにしました。

弱い粘着材が裏についているタイルカーペットを敷きました。置き敷きです。

汚れたら、その部分だけ剥がして洗う事ができます。

このタイルカーペットは、犬仕様品として、お勧め商品です。


スポンサーサイト

Comment

Post Comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

トラックバックURLはこちら
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。