--/--/--(--) --:--:-- [スポンサー広告]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010/08/12(木) 10:38:03 []

昔、大学を出て初めて勤めた仕事場で。

当時は、確か、オイルショックのあとの不景気時代で、その前の高度成長期の好景気を経験した先輩達と、その後の不景気時代にはいった私たちと、ずいぶんと経験する事に差があった。

高度成長期には、事務所では、欲しいものや、かっこいいものや、新しいものや、そんなものをさっさと購入していたそうだ。


一番有名なのは、事務所のボスの夫人が、銀座を歩いていて、「色が可愛かったから」と言って、ミニを買ってきたと言う話。そのミニは、いわゆる「あたり」で、私がはいったころも快適に走っていた・・・。

だが、私がはいった時にはそんな時代は昔のお話で、何か必要なものを購入してもらうにも、事務所のセクレタリーの「本当に必要ですか?」という質問に、きちんと答えられないといけなかった。

当時は、手書きで図面を描き、青焼き機でプリントしていた時代。鉛筆の芯は必要だし、消しゴムも必須。トレーシングペーパーも、青焼き機の印画紙ももちろん必要なものだった。

では、電卓の電池は?

電卓は、事務所の備品ではなく自前だった。備品としての電卓を、一人一人は支給されていなかった。

しかし、建築の設計には計算は必須。

その計算のための電卓を、私たちは、ほとんど、皆自前で持っていた。私はちょっと前まで学生だった事もあり、高機能の電卓を使っていた。様々な計算、三角関数はもとより、微積などもできる様な。

その電卓の電池を買って欲しい、という事になった。

  その電卓は個人のものでしょう?
  はい。でも、事務所のお仕事の計算をしています。

そんな、問答。欲しいものがある時には、きちんと必要性をアピールしないといけない。欲しいと表明する前に、必要性を他人に納得してもらう事が必要だった。

事業仕分けを見ていて、そんな事を思い出した。
スポンサーサイト

Comment

Post Comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

トラックバックURLはこちら
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。