--/--/--(--) --:--:-- [スポンサー広告]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010/02/23(火) 18:19:37 [住宅]

住宅での火災報知器設置が義務化になるのですけど(4月1日から)、台所に設置する物と、他の居室に設置する物と、少し違いがあります。

普通は、煙感知器を天井に設置します。あまり部屋の隅っこに近くない場所が良いそうです。部屋の隅っこというのは、煙が回らない場所だそうです。

消防の方のお話では、京都のカラオケボックスの火事では、助かった女子学生達がいたのですけど、この子達に消防は、携帯電話で連絡を取りながら、階段の隅を這いつくばって降りる事を指示したそうです。この、隅っこというのは、比較的煙が行きにくい場所、つまり、空気のある場所だそうです。

だから、煙感知器は、隅っこに設置しないこと。

でも、台所は、煙感知器はダメなのです。ちょっとしたお料理で、水蒸気があがったりしただけで、それを感知してしまったりして、誤報が多い。だから、台所は、熱感知器を設置します。

熱感知器は、75℃を感知して警報音が鳴るそうです。

この警報音が鳴る事で、当事者だけでなく、隣家や近所の人が気がつく事もあります。

火事は起きてはならない事なのですけど、起きてしまったとき、火災報知器がある事で、ぼやの段階で消防に通報する事ができる、というわけです。
スポンサーサイト

Comment

Post Comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

トラックバックURLはこちら
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。