--/--/--(--) --:--:-- [スポンサー広告]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009/02/24(火) 18:01:41 []

都庁の改修工事を、今後10年間かけて行うのに、780億円かかるのだそうだ。

いっそ、売り払って、新しい、もっとこじんまりしたものを造った方が、都民の税金の効率的な利用法として、正しいのではないか、と思う人がいても、不思議はない。

私はそう思ってしまう。第一、元々、なんか不必要なものを造ったんじゃない?の感の否めなかったし。

できてすぐに都庁に確認関連で行ったとき、もう既に、「倉庫が足りないので、他の場所に収納を借りて保管している」って言って、書類見せてくれなくて、もめたこともあったし。

こんなお金かけて造っておいて、他に場所借りているって、ドーユー意味よっ?っと。そのお金って、税金?っと。

あるものを、そう簡単に放棄することに対する疑問は承知の上で、この今の都庁って、問題あり過ぎって、そう思う。

担当の役人は、その費用について、1600億弱で建てたものの改修工事が、その建設費の半分以下というのは悪くないと考えているそうだ。そぉおぉ~~?
スポンサーサイト

Comment

Post Comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

トラックバックURLはこちら
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。