--/--/--(--) --:--:-- [スポンサー広告]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008/06/25(水) 15:51:46 [住宅]

今自分が住んでいる建物の耐震性能を知る為に行ってもらうのが、耐震診断です。

住宅に関しては、多くの地方自治体が助成を出して行っています。公共性のあるの建物には、耐震診断が義務化されています。

知り合いの方が、区の助成を使って、耐震診断を行ってもらったそうです。

耐震診断士が来て、「鼻でフンと笑って、こりゃぁ、危ない、たっている方が不思議なくらいに耐震性能が低い」と言ったという話を聞いて、疑問を感じました。どこが悪いと言ったのかを訪ねると、「窓が多すぎて壁が少なすぎる」と言われたそうです。

日本の木造家屋は、基本的に、「窓が多く壁の少ない」建物です。湿気の多い日本の夏の気候から、「住宅は夏を旨とし」、通気性能のよい、窓の多い構成になっているのです。だから、「窓が多すぎて壁が少なすぎる」は普通です

この耐震診断士、どうすれば良いのか?との質問に、「補強するにはものすごくお金がかかるから、建て替える方が安い」と答えたそうです。

もし、耐震性能が低い理由が、「窓が多すぎて壁が少なすぎる」なら、それは、90%の可能性で嘘です。

建て替えるより安い費用で耐震補強できます。少なすぎる壁を増やすことは可能です。建て替えるよりも安いに決まっています。

もちろん、耐震補強工事の時に、「30年もたっている建物だから、あそこもここもやり直したい」となれば、それなりにお金はかかりますが、建て替えるより高くつくことは十中八九ありません。

耐震補強工事には、地方自治体が助成を出しています。自治体によっては、100~200万円くらいの助成の出ることもあります。

耐震診断と、それに伴う補強工事、大きな地震の時に、「自宅の建物の中で、建物に押しつぶされて、行く手を阻まれて避難できなかった」ということを防ぐ為には考える価値あることだと思います。
スポンサーサイト

Comment

Post Comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

トラックバックURLはこちら
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。