--/--/--(--) --:--:-- [スポンサー広告]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008/01/24(木) 00:04:40 [住宅]

自立循環型住宅設計についての講習会に参加しました。

エネルギー消費50%減を目指す上での、様々な建築手法、設備設計手法についてのレクチャーです。国土交通省 国土秘術政策総合研究所 と、独立行政法人 建築研究所 の監修によるテキストを使ってのレクチャーでした。

住宅を構成する要素のうち12を選出し、その個々のエネルギー消費の減らす割合目標を設定し、その達成へ向けて、いくつかの手法を併用します。

さて、照明器具についてのエネルギー消費減のためには、白熱灯は厳禁で、電球型の蛍光灯などに変更することである割合のエネルギー消費を減らすことができる、ヨーロッパには、白熱灯を禁止しようということを言い出す国もある、、、

については、、うんうん、とうなづいたのですが、さらに、

人感センサーやタイマーリモコンなどを設置することで、消し忘れを防げるので、ここで10&エネルギー消費を押さえた住宅ということができる、

というのには、納得できません。

この10%は、住人が、自分で消し忘れないと言う意識を持つことで得るべき10%でしょう。

人感センサーの消灯よりも、使用者が必要ないときに消す方が、エネルギー消費は少ないことだってあるでしょうに・・・。

これらはあくまでも便利グッズです。単純なスイッチよりも複雑な機能を持つ工業製品です。この製品を作るために消費するエネルギー/排出するCO2は、単純なスイッチよりも多いはずです。

公的機関の発する考え方として、私は変だと思います。
スポンサーサイト

Comment

おもしろい!
っというより、自分で点けたら消すのだ!

最近目に悪いと聞いてから、人並みの動きをしていますが、
以前は夜暗くても自分の家は配置を体が覚えているので、
部屋を通過する程度のことならいちいち電気を点けずに動いていました。
「パチパチすると消耗する」とケチな、おっと、倹約家の父が言っていたので。

脳みそのためにも、あまり便利に簡略化しすぎるのは
問題だと思うのですが。

ただ、どうしても消さない息子の周囲は人感センサーにしたい・・。
トイレとか、玄関とか、自室とか・・(涙)。
電気代が・・・・。


エネルギー消費を減らす、なんてのは、人の意識がそうならなければどうしようもないことのはずなんです。

人感センサー設置を解く講師に、「それは、子供の教育上好ましいとは思えないのだが、その点どう考えるか?」と質問したら、返事に窮していました。

つまり、「子供の教育上好ましくない」と、彼らも認識しているのです。

だったら、そんなこと公言しては、遺憾でしょう!

Post Comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

トラックバックURLはこちら
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。