--/--/--(--) --:--:-- [スポンサー広告]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007/08/23(木) 21:38:05 [通り庭]

05-1.jpg

ロンドンの町は、上下水道や、その他の設備配管の上に盛り土をして道路を作ってあると聞いています。そのために、道路から階段を半階分あがったところにグランドフロアーがあり、半階分下がったところにあるベイスメントフロアーが、裏庭と同じレベルです。

このベイスメントから裏庭に出る部分に、ガラスで囲った、コンサーバトリーがありました。私が目にしたのは、あまり上手に使われていませんでした。外と内の中間の物置の様な使われ方をしているのを、実際には多く目にしました。

コンサーバトリーは、私には魅力的でした。日本の住宅にある、内と外の中間の空間に「質」が似ていました。


写真は、都会の2階で暮す住宅のための半外部空間で、屋根のある、外部空間を感じる屋内空間です。これは、コンサーバトリーからヒントを得ました。外と内の中間にある、外を感じるための空間です。

天井の高さから、ほとんど屋根を感じません。雲の動きと星をみることのできる空間です。

このレンガ仕上げの空間は、コンクリート打ち放しの建物の外観からは、独立した表情を持っています。外部から見た時、ガラスの向こうに外部と質の違う空間をほのめかしています。

東京の町並みの中で、ヨーロッパ、ロンドンの味わいが欲しいという施主の希望に対する、設計者としての答えです。
スポンサーサイト

Comment

Post Comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

トラックバックURLはこちら
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。