--/--/--(--) --:--:-- [スポンサー広告]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010/11/25(木) 17:58:00 [集合住宅]

 犬は、最も古く家畜化された動物と言われています。日本でも、縄文時代の遺跡から、埋葬された犬が見つかっているそうで、古代日本人は、犬を飼う習慣と一緒に日本に定着したといわれています。

 その長い歴史の中で、犬と人とのかかわりかたは様々に変化してきているのですが、昨今は、屋内で一緒に暮らす人も多くなってきました。

 日本の住宅及び住宅内での生活様式には、土足を脱いで「あがる」事、畳という柔らかい床材を使用する事、床の上に直接腰を下ろす事、床の上に直接寝具を敷き延べる就寝する事等の特徴があります。この点は、土足で入り、椅子の上に腰をかけ、寝具はベッドの上に敷きそこに就寝するという欧米諸国の住宅・住宅生活様式と異なります。

 それにもかかわらず、昨今の犬とのかかわりかたは、欧米諸国から入ってきた情報や習慣、生活様式を取り入れたという部分が多い。

 私たちの生活は、今では、いわゆる「日本古来」からは外れています。一番の例がトイレで、新しい住宅で、和式便器を取り入れる事はほとんどなく、私たちは当然のように様式便器を使っています。もしかしたら、この「和式便器」「様式便器」という言葉は、衛生陶器のカタログの中にのみ残っている言葉で、便器といえばほとんどの人が様式便器を思い浮かべるのかもしれません。

 反対に、畳は根強く多くの人の支持を得ていますし、土足を脱ぐという生活習慣も無くなりません。

 では、日本の住宅の屋内に犬のいる生活を考える時、何を気をつけたら良いのでしょうか?

 これから、住まいについて、犬のいる生活という点から考えていこうと思います。
スポンサーサイト

| HOME |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。