--/--/--(--) --:--:-- [スポンサー広告]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010/10/12(火) 19:09:58 [住宅]

card.jpg

最近、東京都の各行政の耐震診断助成事業に申し込む人が減っている様です。住宅耐震化が進んだのかというと、残念ながら、必ずしもそうではありません。

私の仕事をする東京都大田区でも、数年前は、当初の相談件数が、年間、多い年には500件,だいたい毎年300件程あったのが、今年は半年で80件程度です。(但し、相談してから、実際に補強工事を行っている件数の割合いは増えています。)

1981年以前に建てられた建物は、もともと、耐震性が弱く建てられている事がほとんどです。これらに対して、行政は助成金を出しています。この制度を利用して住宅を補強する事により耐震性を高める事ができますし、所得税や固定資産税の減税精度も行われています。

古い建物は、行政の助成制度を利用しての耐震診断、及び補強工事をお進めします。


それ以降に建てられた建物は大丈夫か?っというと、なかなかそうとも言い切れません。

一つには、経年変化で老朽化をしている場合もあること。20年も経てば、いろいろと建物も歳をとります。当初あった強さが減っている可能性もあるのです。

もう一つの理由として、以前は、建築確認申請さえとってしまえば、検査を受けなかった建物が多く見られた事です。建築途中で、施主が屋根裏を3階の部屋にして欲しいといえば、強度を検討しないでそうしてしまった建物も多くあります。この壁をとって広い部屋にして欲しいといわれて、構造壁を少なくしてしまった建物もあるでしょう。

また、長年の間に増築や改築を行う事で、強度が失われている事も考えられます。

そういった建物は、地震に負けてしまうかもしれません。


時々、の散歩仲間の間でも話題になります、実際に地震がきて、避難生活になったら、は、ペットは、避難所に入れるのだろうか?っと。

15年前の阪神の地震の時、毎日報道される避難所の様子の中に、シーズーを抱えたご婦人がいた事を仕事上の知り合いに告げると、そのおじさん顔がぱっと明るくなったの覚えているのですが、でも、ただでさえストレスの高い避難所の暮らしの中に、本当に自分のを連れて行けるか、私は疑問に感じています。

大切なペットの居場所を守るのは、
地震に負けない私の家・あなたの家
です。


スポンサーサイト

| HOME |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。