--/--/--(--) --:--:-- [スポンサー広告]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008/07/08(火) 17:07:31 [当時のロンドン]

20年前でもロンドンはコスモポリタンらしく、様々な人種を見ることができた。

大都市だし、大英帝国の植民地だった国からは、コモンウェルスパスポートで入国できたので、失業率の高かった80年代でも、これらの国からは多くの人が出稼ぎに来ていた。そのころ、まだヨーロッパは東西に分かれていて、私の働いていた事務所には、ルーマニアから亡命した同僚もいた。当時は、南アフリカではアパータイト(アパルトヘイト)と呼ばれる人種差別が行われていた。

AAスクールは、当時から外国人が多く、旧植民地からはもちろん、その他ヨーロッパ各地、世界各国からも学生が集まってきていて、学生数の60%は外国人と言われていた。っで、ロンドンで知り合った建築関係者、事務所の同僚や知人友人達には外国人が多く、皆それぞれ独自のなまりの英語をしゃべりまくっていた。

マーティンのかつてのルームメイトのマイクはジャマイカ出身のユダヤ人だった。

彼が初めてロンドンへ来た時、部屋探しに電話をかける。話し始めたとたん、電話を切られた、という。ジャマイカ英語をしゃべる彼は、黒人だと思われたので電話を切られた、のだという。マイクは裕福な家庭から来ている。

彼は、話し始めるとすぐに、"I'm white." と言うことにし、やっと部屋を見つけるに至ったそうだ。

  生物学者のRay Coppinger氏によると、生物は、その成長の過程で、
  何かを習得する「時期」を持つという。人が、言語を習得するには、
  その「時期」をネイティブの環境で過ごさないと、なかなかなまりの
  無い言葉を得るのは難しいのだそうだ。その時期を過ぎると、なまり
  を修正することは、ほぼ無理、と、彼は言っていた。

この間のF1ブリティッシュグランプリの優勝は、ルイス・ハミルトン。黒人ドライバーだ。今だったら、マイクは"I'm white."という必要が無かったのだろうか?





スポンサーサイト

2008/07/08(火) 15:32:08 [当時のロンドン]

ロンドンに暮らした頃、ある週末、マーティンを訪ねると、以前同居していたマイクがガールフレンドと暮らす為引っ越したので、その家を訪ねようということになった。

郊外の、決して高級とはいえない、どちらかというと、新しい建物で、どちらかというと、チープに見えてしまう住宅地の一軒家。ドアを開けると、荒涼とした部屋に下りてくる階段の上に、マイクとガールフレンドがバスタブを抱えていた。「やあ、ちょうどいいところへ来た。」とマイク。「何と、ちょうど悪いところへ来ちゃったなぁ、、、」と男性陣。

古いバスタブを取り外し、荒涼とした部屋の片隅においてある、コーナータイプのバスタブに変更しようとしていたところだった。

結局、男性陣4人掛かりで古いバスタブを玄関ドアの外へ出し、新しいバスタブを、2階の浴室へと運び入れた。

マイクとガールフレンド(いや、もしかしたらワイフだった・・・?)は、その家を買ったのだ。買って、これから、自分の好きなようにリフォームするということだ。

コーナータイプのバスタブの趣味については、その場にいた人間達、ほとんど皆建築関係者だったこともあり、様々な意見を持っていたようだった。私は、それより、今晩お風呂が使えないことの方が気にかかった。

あの頃、ロンドンでは、私の知り合い達で自宅を購入した人達は皆、自分でリフォームをしていた。それを可能にする、道具や材料や資材を売る店も、情報誌も、いっぱいあった。失業率のたかい、不況の時代だったのだけど。

自分でリフォームし、自分でメンテナンスする。新しい住宅よりも、古い、100年、200年経っている建物の方が人気があり高級と言われることもあるかの地。

好景気の今のイギリス、ロンドンではどうなのだろう?今でも、やはり、変わること無く、自宅のリフォームは、自分でやる人が多いのだろうか?

| HOME |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。