--/--/--(--) --:--:-- [スポンサー広告]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010/11/25(木) 17:58:00 [集合住宅]

 犬は、最も古く家畜化された動物と言われています。日本でも、縄文時代の遺跡から、埋葬された犬が見つかっているそうで、古代日本人は、犬を飼う習慣と一緒に日本に定着したといわれています。

 その長い歴史の中で、犬と人とのかかわりかたは様々に変化してきているのですが、昨今は、屋内で一緒に暮らす人も多くなってきました。

 日本の住宅及び住宅内での生活様式には、土足を脱いで「あがる」事、畳という柔らかい床材を使用する事、床の上に直接腰を下ろす事、床の上に直接寝具を敷き延べる就寝する事等の特徴があります。この点は、土足で入り、椅子の上に腰をかけ、寝具はベッドの上に敷きそこに就寝するという欧米諸国の住宅・住宅生活様式と異なります。

 それにもかかわらず、昨今の犬とのかかわりかたは、欧米諸国から入ってきた情報や習慣、生活様式を取り入れたという部分が多い。

 私たちの生活は、今では、いわゆる「日本古来」からは外れています。一番の例がトイレで、新しい住宅で、和式便器を取り入れる事はほとんどなく、私たちは当然のように様式便器を使っています。もしかしたら、この「和式便器」「様式便器」という言葉は、衛生陶器のカタログの中にのみ残っている言葉で、便器といえばほとんどの人が様式便器を思い浮かべるのかもしれません。

 反対に、畳は根強く多くの人の支持を得ていますし、土足を脱ぐという生活習慣も無くなりません。

 では、日本の住宅の屋内に犬のいる生活を考える時、何を気をつけたら良いのでしょうか?

 これから、住まいについて、犬のいる生活という点から考えていこうと思います。
スポンサーサイト

2007/12/11(火) 15:36:08 [集合住宅]

この記事
を読んだ人は、建築の設計監理の監理業務とは、こんなものだと思ってしまうかもしれない。

最大手の日建設計は、こういう契約で、工事の監理をするかもしれないが、普通、設計監理で鉄筋の数をチェックする時、このような、施工屋の書面をチェックしておしまいにはしない。

自主的にやった目視検査、なんて表現のようだけど、自主的も何も、目視検査、当たり前なんじゃないですか?

「配筋が適切かは施工者が作成する品質管理記録で確認する」なんて、監理とはいえないでしょう。

これって、つまりは、施工屋任せ、ってことにすぎないと思います>どうでしょう?my dear friend Mr.HO?

2007/11/07(水) 17:48:33 [集合住宅]

大手ゼネコンの清水の設計施工(?)の建設中の集合住宅で、目下、30階で施工が止まっているとか。

鉄筋が足りなかった、ということなのだが、、

施工ミスだということなのだが、今この段階で、どうやって、それを発見したのか、今この段階まで、どうしてそれが発見できなかったのか、不思議な気がする。

施工図のチェックミスか、施工図の読み間違いか、単純な数え間違い、計算間違い、拾い間違い、などなど、ミスはいろいろ考えられるけど、、、、

まあ、見つかって、よかったですね。

2007/08/21(火) 15:54:38 [集合住宅]

最近、トレーニングジム付きの新築マンションへ引っ越した知人から聞いた話。

引っ越しと共に、お風呂はジムで済ませる事になったそうだ。家族全員、会員権と会費を払っているジムの浴室でお風呂はすます。入浴料とすると高いそうだが、「トレーニングジムも使える。」ので、まあ、そんなものだ、とか。

なによりも、これで、お風呂掃除を省く事ができる。

但し、ジムがお休みの日は、自宅の浴室を使う。だから、浴室は必要だそうなのだが・・・。

つまり、銭湯付きマンション?
いや、みな、トレーニング「も」しているよ、ウォーキングとか・・・。

どのくらいのマンションの住民が、ジムを銭湯として使っているかというと、かなりの数の人が、「毎日ジムへきている」そうだ。そのメインの目的は、トレーニングよりも、フロにある、といって良さそう・・・。


昔、銭湯が地域の住民のたまり場としての意味を持っていた。このトレーニングジムも、このマンションの住民の「出会う場所」としての意味を持つのでしょうか?

| HOME |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。