--/--/--(--) --:--:-- [スポンサー広告]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007/03/02(金) 19:24:45 [別荘]

20070302190601.jpg
寒冷地の別荘は、冬期、行ってみると、内壁に氷がはっていた、という事が、昔はよくありました。

氷がはっているほどでないにしろ、到着して、暖房を入れてから、数時間は寒さでコートを脱げない、暖房器具から離れられない、というような事もよくあります。

本当は、水抜き栓を開けたり、荷物を片付けたり、する事はいろいろあるのですが。

写真は、電気のオイルヒーターです。

この山小屋では、このオイルヒーターを、15年ほど前発売されたテレコントローラーという設備で、電話をかけて電源をオンにします。

2台設置してあるこのオイルヒーターを、まだ都会にいるうち、12時間ほど前にオンにすると、到着してすぐ、動く気になるくらいの室温になっています。

滞在中、雪の中から帰って、濡れた衣類、靴などを、ここで乾かします。メインの暖房を薪ストーブでまかない、サブ暖房として、乾燥機として使います。

自然を求めてくつろぐ別荘生活では、過重な設備はそぐわしくないのですが、くつろぐ事のできる環境を作る設備はなくてはなりません。くつろげない別荘は、使わなくなりますから。
スポンサーサイト

| HOME |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。